正しい鼻呼吸

現代の、特に若年層では、アレルーギーでの鼻詰まりや筋力の低下もあって口呼吸の人が増えているそうです。

口呼吸は万病の元です。

口は食べ物を取り込むところですので、外気を口から体内に直接入れるということには様々な危険が・・・

鼻呼吸を正しく行うことでフィルターの役割を果たし、様々な菌やウイルス、ダストから身を守ることが出来ます。


口呼吸は一度にたくさんの酸素を取り込むことが出来るため、口呼吸に慣れていると鼻呼吸は息苦しく感じます。

ですが、「正しい鼻呼吸」を身につけると楽に呼吸が出来るようになります!

 

ここで言う「正しい鼻呼吸」は、ただ口を閉じるというものではありません。

「舌の位置を正した鼻呼吸」です。

 

正しい舌の位置とは、「舌を上アゴに密着させ少し後ろに引き、凹みに納めたところ」です。


口の中、上アゴには、歯茎の少し後ろに凹みがあると思います。

ここにきちんと舌を納めると、鼻腔も開き深く呼吸が出来るため、鼻呼吸は苦労しません。

病気予防はもちろん、顔やアゴの様々な筋肉を使うため、たるみや二重あごの防止にもなります。

 

これまで鼻呼吸だった方は、慣れるまでに少しアゴの筋肉が疲れるように感じるかもしれませんが、小さな筋肉なのですぐに鍛えることができます。

 

正しい鼻呼吸、ぜひ意識してみてください♪♪